前へ
次へ

レストランウエディングで大切にしたいこと

レストランウエディングをサブとして、特殊事情がある新郎・新婦にとっては2カ所で結婚式を挙げることもあり、その際には結婚費用を安くするために、様々な部分に手を加えます。例えば、レストランによって定休日が異なりますから、レストランの定休日に合わせることで使用料を値引きできる可能性があります。料理だけは交渉はせず、ゲストをもてなすために尽くしましょう。また、音響機器設定料、スクリーン使用料も支払います。ゲストの本音として、レストランウエディングが『しょぼい』といわれないように、装飾(装花・ブーケ)は豪華な披露宴にするためのポイントですから、外注になります。レストランウエディングでは、レストラン側が贔屓にしている業者を紹介してくれることもありますから、内情を説明してみるのもおすすめです。その交渉次第で、引き菓子やプチギフトの予算を増額しましょう。スライドも専用ソフトを購入して質を高めたり、カメラマンもプロにお願いしましょう。大切にしたいことにはお金をかけること、それは会場として使用許可が出たレストラン側に対してもいえることで、レストランに不利益にならないように自作、値引き、外注手配をしましょう。

Page Top